キッズラボラトリーのメリット・デメリットや口コミを紹介!

メリットとデメリットを紹介する女性キッズ・ラボラトリーが今話題の知育玩具をレンタルできるサービスです。

知育玩具には子供の手先の器用さや考える力などの能力を引き出す効果が期待できます。

そんな知育玩具をレンタルできるキッズ・ラボラトリーですが、実際のところどうなのでしょうか?

そこでキッズ・ラボラトリーのメリットとデメリットを徹底的に紹介していきます。

良い口コミと悪い口コミも紹介しているので参考にしてくださいね。

 

  1. キッズ・ラボラトリーのメリット6つ
    1. メリット①値段が安い
    2. メリット②ブランドおもちゃもレンタルできる
    3. メリット③対象年齢が幅広い
    4. メリット④おもちゃを定価より安く買取りもできる
    5. メリット⑤おもちゃに保証が付いてる
    6. メリット⑥30日間の返金保証がある
  2. 【包み隠さず暴露】キッズ・ラボラトリーのデメリット5つ
    1. デメリット①交換・返却の手続きが面倒
    2. デメリット②破損や紛失で弁償代が発生することもある
    3. デメリット③おもちゃを自分で選べない
    4. デメリット④送料が発生する
    5. デメリット⑤兄弟パックの融通が利かない
    6. デメリット⑥解約で損することもある
  3. キッズ・ラボラトリーはこんな人におすすめ!
  4. キッズ・ラボラトリーの悪い口コミ4選
    1. 悪い口コミ①月齢が合わなかった
    2. 悪い口コミ②似たようなおもちゃが届いた
    3. 悪い口コミ③対応が遅い
    4. 悪い口コミ④おもちゃが壊れた
  5. キッズ・ラボラトリーの良い口コミ5選
    1. 良い口コミ①おもちゃの悩みがなくなった!
    2. 良い口コミ②おもちゃは新品同様の品質
    3. 良い口コミ③いろんなおもちゃで遊べる
    4. 良い口コミ④プログラミング関係のおもちゃがある
    5. 良い口コミ⑤ブランドのおもちゃをレンタルできた!
  6. キッズ・ラボラトリーの申込方法
  7. キッズ・ラボラトリーのよくある質問4つ
    1. クーポンコードって何?
    2. 一括払いはあるの?
    3. 問い合わせはどこから?
    4. プランの休会はできる?
  8. 【まとめ】キッズ・ラボラトリーのメリット・デメリット

キッズ・ラボラトリーのメリット6つ

キッズ・ラボラトリーを利用して満足する女性キッズ・ラボラトリーのメリットがこちらです。

キッズ・ラボラトリーのメリット
  • 料金が安いプランがある
  • ブランドのおもちゃをレンタルできる
  • 対象年齢が生後3カ月から8歳まで
  • 保証が付いてるから安心して遊べる
  • お得な値段で買取りもできる
  • 30日間の返金保証があるか万が一の時も安心

ではこれらのメリットについて紹介していきますね。

\今すぐデメリットを確認する/

メリット①値段が安い

キッズ・ラボラトリー公式サイトにある料金プラン

出典:https://kids-laboratory.co.jp/

このように、キッズ・ラボラトリーには2つの料金プランがありますが、そのうちお試しプランの値段が月額料金が税込2574円と非常に安いです。

毎月2574円で4~6個の知育玩具をレンタルできるので、おもちゃ1個当たりの値段は429~643円と計算できます。

おもちゃをワンコイン近くで利用できると考えると大きなメリットですよね。

 

この月額2574円というのは知育玩具のレンタルサービス内でも破格の安さです。

知育玩具のレンタルサービスといえば、トイサブ!やTOYBOXが有名ですが、利用料金は以下の通りです。

サービス名月額料金(税込)
キッズ・ラボラトリー2574円
トイサブ!3674円
TOYBOX3278円

※一番安い料金プランの値段

表にあるようにキッズ・ラボラトリーの料金プランは他のサービスよりも約700~1100円も安いです。

よりお得におもちゃをレンタルしたいという方に、キッズ・ラボラトリーのお試しプランは向いています。

 

メリット②ブランドおもちゃもレンタルできる

キッズ・ラボラトリーではブランドおもちゃをレンタル可能です。

例えば知育玩具で有名なボーネルンドも取り扱いがあります。

高級な知育玩具を試してみたいという方にとって大きなメリットですよね。

 

ただプランによってブランドおもちゃをレンタルできないというデメリットもあります。

というのも、お試しプランでは4~6個のおもちゃの中にブランド品が必ずしも含まれているとは限りません。

それに対して「おすすめプラン」では必ず1個のブランドおもちゃが含まれています。

さらに「おすすめプラン」では5~7個の知育玩具をレンタルできて、交換の周期も毎月なのでより多くのおもちゃで遊べます。

一方、お試しプランは4~6個の知育玩具で2カ月も乗り切らないといけないので少し飽きやすいかもしれません。

このように「おすすめプラン」はメリットが多いように感じますが、月額料金が4378円とお試しプランよりも1800円ほど高くなります。

どちらのプランにもメリット・デメリットがあるので悩みますよね。

そんな方は以下の情報を参考にしてください。

お試しプラン

  • 料金を節約したい
  • キッズ・ラボラトリーをお試ししたい

おすすめプラン

  • いろいろなおもちゃで遊ばせたい
  • ブランドのおもちゃを使ってみたい

\ブランドおもちゃをお得に遊べる/

キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちら

メリット③対象年齢が幅広い

成長する子供のイラストキッズ・ラボラトリーは対象年齢が生後3カ月から8歳までと約8年も利用できます。

この対象年齢は業界内でも最長です。

例えば先ほど紹介したトイサブ!やTOYBOXは生後3カ月から満4歳までとされています。

キッズ・ラボラトリーに比べると、対象年齢の差が半分ほどです。

知育玩具でより長い間遊んでほしいという方にはぴったりでしょう。

ただ、ずっとレンタルしていると永遠にお金が発生するというデメリットが発生します。

その場合はレンタルしたものを買い取るのも一つの手段です。

 

メリット④おもちゃを定価より安く買取りもできる

キッズ・ラボラトリーではレンタル中のおもちゃを買い取ることもできます。

例えば子供がおもちゃを気に入って離さない時には買い取るのも良いですね。

そして気になる値段ですが、基本的に以下の価格で買取りできます。

  • 値段…希望小売価格(Amazon価格)の50~80%

仮にAmazonから10000円で知育玩具を販売していると、5000~8000円で買えるということです。

自分で購入する場合と比べると手間も費用も大きく異なりますよね。

知育玩具の購入価格を抑えたいという方にとってはメリットでしょう。

 

ただおもちゃを買取りすると所持することになるデメリットがあります。

おもちゃは成長すると使わなくなるので、最終的には処分することになるでしょう。

処分するには費用も手間もかかります。

こういったデメリットがあるので、基本的にはレンタルの方が良いです。

子供が気に入っているなど長期的に利用する予定がある場合に買取りすると良いでしょう。

 

メリット⑤おもちゃに保証が付いてる

キッズ・ラボラトリーのおもちゃは保証が付いているキッズ・ラボラトリーの知育玩具には保証が付いています。

おもちゃは子供が使うので汚れたり傷を付けてしまう可能性が考えられますよね。

でもちょっとした汚れやキズおもちゃなら弁償する必要がありません。

レンタル品は借り物なので気を遣いますが、キッズ・ラボラトリーなら安心です。

ただ故障の具合によっては弁償代が発生するのであまり乱暴に扱わないように教育しましょう。

\今すぐ弁償が発生するケースを確認する/

メリット⑥30日間の返金保証がある

キッズ・ラボラトリーには初回の注文のみですが30日間の返金保証があります。

万が一、子供がキッズ・ラボラトリーのおもちゃで遊んでくれない時も安心です。

ただ利用するには以下の条件があります。

返金保証を受ける条件
  • 子供がおもちゃでまったく遊ばない
  • コンシェルジュのアドバイスを実践しても効果ない

例えば思っていたサービス内容と違ったなど自分都合の理由では返金保証の利用は不可能です。

ただ、せっかくキッズ・ラボラトリーを注文したのに子供が遊ばなくて損したというリスクは回避できます。

リスクを最小限に抑えることができるので、失敗したくないという方にぴったりでしょう。

ちなみにキッズ・ラボラトリーの返金保証については、こちらで紹介しているので参考にしてくださいね。

キッズ・ラボラトリーの30日間返金保証の使い方とは?
キッズ・ラボラトリーは世界中のおもちゃをレンタルできるサービスです。そんなキッズ・ラボラトリーには、なんと30日間の返金保証まで付いているのです。ではキッズ・ラボラトリーにある30日間の返金保証を利用する方法を紹介していきます。

\1日あたり78円で知育玩具を借りられる/

キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちら

【包み隠さず暴露】キッズ・ラボラトリーのデメリット5つ

キッズ・ラボラトリーにデメリットを感じる女性続いてキッズ・ラボラトリーの以下のデメリットを見ていきましょう。

キッズ・ラボラトリーのデメリット
  • 交換・返却の手続きが面倒
  • 破損の度合いや紛失の場合は弁償する必要がある
  • おもちゃを自分で選べない
  • 送料が発生する
  • 兄弟パックの融通が利かない
  • 解約で損する可能性もある

\今すぐキッズ・ラボラトリーがどんな人に向いているの確認する/

デメリット①交換・返却の手続きが面倒

キッズ・ラボラトリーでは隔月か毎月のどちらかでおもちゃを交換できます。

交換方法も2通りあるので利用しやすいです。

キッズ・ラボラトリーの交換の種類
  • 一部交換…持っているおもちゃの一部を交換する
  • 全部交換…持っているおもちゃをすべて交換する

一部交換を選べばおもちゃの継続もできるので、購入するのは嫌だけど引き続き使いたい時には便利です。

より多くのおもちゃを遊べる交換システムですが、利用するには以下の手順を踏む必要があります。

キッズ・ラボラトリーの交換方法
  1. キッズ・ラボラトリーから交換の連絡が来るのを待つ
  2. 連絡が来たらおもちゃを段ボールに詰める
  3. 新しいおもちゃが来るのと同時に配達員に荷物を渡す

交換するためにはおもちゃを段ボールに詰める必要があります。

サッと交換できないのはデメリットでしょう。

ただ段ボールは届いた時のものを使うので、基本的にこちらで用意する必要はありません。

梱包するのは大した手間ではないので1度経験すれば簡単にできるでしょう。

キッズ・ラボラトリーの交換についてはこちらでも紹介しているので参考にしてくださいね。

キッズ・ラボラトリーの交換・返却方法を徹底解説
キッズ・ラボラトリーはおもちゃをレンタルできるサービスです。そんなキッズ・ラボラトリーではおもちゃを毎月か隔月で交換します。今回はキッズ・ラボラトリーのおもちゃを返却・交換する方法について徹底的に解説していきます。

デメリット②破損や紛失で弁償代が発生することもある

キッズ・ラボラトリーでは料金プランに保証が付いています。

ちょっとしたキズや汚れなど通常利用の破損なら弁償する必要はありません。

ただ以下の場合には弁償代が発生します。

  • プラスチックのおもちゃが割れていて、次に使う時に怪我をする可能性がある場合
  • 木のおもちゃで欠け・割れが発生しボンドで修復が出来ない場合
  • 歯形などが付いてしまい、次に使う方が衛生面として気になる場合
  • 著しく塗装が剥がれてしまい、お届け時と様相が変わって戻ってきた場合
  • 電子音が鳴らない、音が出なくなる等、お届け時と状態が異なる場合
  • 打楽器おもちゃの「ばち」が無いなど、本来の使い方が出来なくなった場合
  • 水遊び可能と書いていないおもちゃで、水遊びをされた場合
  • 喫煙環境でおもちゃを利用し、おもちゃにタバコの臭いが付着した場合
  • マジックやクレヨンなど、清掃にて取り除くことが難しい落書き・汚れが発生した場合
  • 畳やカーペットなどの繊維がおもちゃに入り込んで、取れなくなってしまった場合
  • 布のおもちゃでホツレや綻びが著しく修復が難しい場合
  • ペットの噛みあとや毛の付着などにより、おもちゃの継続利用が難しい状態になった場合
  • その他、当社が判断する破損や紛失

引用:キッズ・ラボラトリー公式サイト

なかなか禁止事項が多いので、けっこう大きなデメリットですね。

特にパーツの細かいおもちゃは紛失しやすいです。

仮に紛失した場合を想定して、キッズ・ラボラトリーのおもちゃで遊ぶ場所を決めるなど何かしらの対策をしておきましょう。

 

デメリット③おもちゃを自分で選べない

キッズ・ラボラトリーは自分でおもちゃを選べないキッズ・ラボラトリーではプランによって異なりますが、4~7個のおもちゃをレンタルできます。

しかしそのおもちゃはキッズ・ラボラトリー専属のコンシェルジュが決めるので自分では選べません。

そのため特定のおもちゃを利用したいという方にはデメリットでしょう。

ただキッズ・ラボラトリーではリクエストを送ることができます。

リクエストを送ることでコンシェルジュが参考にしてくれて、送ってくれる可能性は高いです。

利用したいおもちゃがあるなら気軽に相談してみるのも良いですね。

\使いたいおもちゃを借りられるかも/

キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちら

デメリット④送料が発生する

キッズ・ラボラトリーでは初回の発送だけですが税込1100円の送料が発生します。

そのため初回の支払のみ以下の値段になるので注意が必要です。

おすすめプラン税込5489円

  • 内訳…プランの料金4378円+送料1100円

お試しプランは税込3674円

  • 内訳…プランの料金2574円+送料1100円

初回だけですでも料金が高くなるのはデメリットですよね。

ただ交換の時の送料や解約の時に返却するための送料は発生しません。

送料はキッズ・ラボラトリーと消費者で負担し合うといった形ですね。

送料を消費者が全額負担しなくても良いと考えるとメリットと言えるでしょう。

 

デメリット⑤兄弟パックの融通が利かない

兄弟で遊びまわるイラストキッズ・ラボラトリーには兄弟パックというものがあります。

兄弟パックとは文字通り、兄弟・姉妹でキッズ・ラボラトリーを利用できるというものです。

しかし兄弟パックはそれぞれの兄弟に対しておもちゃを選びます。

そのため一回の注文で8~14個ものおもちゃが届くということです。

かなりの数になるので、一つのプランを兄弟で利用したいという人もいるでしょう。

でもキッズ・ラボラトリーでは、一つのプランで兄弟二人分は利用できません。

これはおもちゃの数を減らしたい方にとってデメリットでしょう。

 

ただ兄弟プランを利用すると弟(妹)分の料金が半額になるというメリットがあります。

プラン名兄の値段弟の値段
おすすめプラン3980円+1000円2340円+1000円
お試しプラン1990円+500円1170円+500円

※左の値段はプランの料金、右の値段は送料

このようにプランと送料の金額が半分になります。

兄弟に用意するおもちゃの費用を抑えたいという方にとってはメリットでしょう。

キッズ・ラボラトリーの兄弟プランはこちらで紹介しているので参考にしてください。

キッズ・ラボラトリーの兄弟パックの手続き方法や値段を紹介
キッズ・ラボラトリーは子供の成長を促す知育玩具をレンタルできるサービスです。そんなキッズ・ラボラトリーには兄弟パックというものがあります。兄弟パックは料金が半額になるのでお得です。では兄弟パックについて具体的に紹介していきますね。

デメリット⑥解約で損することもある

キッズ・ラボラトリーは決済を済ませると基準日というものが定められます。

基準日を目安に料金を支払うシステムです。

その基準日の仕組みのせいで解約の時に損することがあります。

例えば基準日が25日に定められていたとしましょう。

基準日から20日前に解約の手続きをしないと次回分の料金が発生します。

その月の5日前までに手続きをすると料金が発生しませんが、その月の6日以降に手続きをすると次回分の料金を支払わないといけません。

 

つまりタイミング次第では無駄に一回分の料金を支払う必要があるということです。

さらに基準日までにおもちゃを返却しなかった時も同様に一回分の料金が発生します。

おもちゃを使っていないのに無駄な料金が発生するというのは大きなデメリットですよね。

無駄な費用を発生させないためにも解約時は以下の点に気を付けておきましょう。

  • 基準日の20日までに解約の申込みをする
  • 基準日までに荷物をキッズ・ラボラトリー本社に届ける

このようにデメリットもありますが、解約の手続きは5分ほどで終わるものです。

返却についてもおもちゃを段ボールに詰めて、ヤマト運輸に集荷してもらうだけなので時間はかかりません。

解約方法が簡単というメリットがあるので、キッズ・ラボラトリーをやめるとなったらすぐに手続してしまいましょう。

解約方法についてはこちらで完全網羅しているので、もしもの際には参考にしてくださいね。

【5分で終わる】キッズ・ラボラトリーの解約・退会を徹底解説
キッズ・ラボラトリーはおもちゃをレンタルできるサービスです。便利なサービスですがキッズ・ラボラトリーを退会したいと感じることもあるでしょう。そこでキッズ・ラボラトリーを解約・退会する方法や注意すべき落とし穴を徹底的に解説していきます。

キッズ・ラボラトリーはこんな人におすすめ!

キッズ・ラボラトリーはこんな人におすすめキッズ・ラボラトリーのメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

メリット

  • 料金が安いプランがある
  • ブランドのおもちゃをレンタルできる
  • 対象年齢が生後3カ月から8歳まで
  • 保証が付いてるから安心して遊べる
  • お得な値段で買取りもできる
  • 30日間の返金保証があるか万が一の時も安心

デメリット

  • 交換・返却の手続きが面倒
  • 破損の度合いや紛失の場合は弁償する必要がある
  • おもちゃを自分で選べない
  • 送料が発生する
  • 兄弟パックの融通が利かない
  • 解約で損する可能性もある

このメリット・デメリットや知育玩具の特徴から、キッズ・ラボラトリーは以下の人におすすめです。

キッズ・ラボラトリーはこんな人におすすめ
  • おもちゃの置き場所や費用を抑えたい
  • いろいろな知育玩具を試してあげたい
  • おもちゃ選びが面倒
  • 将来的に子供の能力が劣らないか不安
  • 他の子供と差を付けたい

キッズ・ラボラトリーはこういった人に向いたサービスですが、利用者の口コミが気になりませんか?

そこでキッズ・ラボラトリーの良い口コミと悪い口コミを包み隠さず暴露していきたいと思います。

\知育玩具で子供の可能性を伸ばそう/

キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちら

キッズ・ラボラトリーの悪い口コミ4選

キッズ・ラボラトリーをイマイチに感じる主婦キッズ・ラボラトリーの悪い口コミをまとめたものがこちらです。

  • 月齢に合わないおもちゃが届いた
  • 前回と似たようなおもちゃが届いた
  • 返事が遅い
  • おもちゃが壊れた

では悪い口コミを詳しく見ていきましょう。

悪い口コミ①月齢が合わなかった

こちらは月齢に合わないおもちゃが届いたという口コミです。

キッズ・ラボラトリーはコンシェルジュが選んでくれるから、月齢に合ったおもちゃで遊ばせられるというメリットがあります。

しかしこの方は月齢に合わない知育玩具が届いたようです。

口コミを見る限りこのような可能性もあるので、もし子供が知育玩具で遊ばない時はコンシェルジュに相談しましょう。

 

悪い口コミ②似たようなおもちゃが届いた

こちらは前回と同じような知育玩具が届いたという口コミです。

キッズ・ラボラトリーは世界中のおもちゃを取り扱っているはずですが、かぶることもあるようですね。

せっかく交換したのに前回と同じようなものが届くと少し残念な気持ちになるでしょう。

 

悪い口コミ③対応が遅い

こちらは対応に関する口コミです。

キッズ・ラボラトリーは基本的にLINEでやり取りしますがその返事が遅いようですね。

返事が遅い場合は対応のしようがないので、何日たっても返事が来ない時はもう一度送ってみるのも一つの手段です。

 

悪い口コミ④おもちゃが壊れた

こちらはおもちゃがすぐに壊れたという口コミですね。

紹介したようにおもちゃの破損は場合によって弁償が発生します。

もしこの口コミのように壊してしまった時はLINEで連絡しておきましょう。

キッズ・ラボラトリーの良い口コミ5選

キッズ・ラボラトリーに良い口コミをする女性続いてキッズ・ラボラトリーの良い口コミをまとめると以下の通りです。

  • おもちゃ関連の悩みがさっぱり解決した
  • 新品のようにきれい
  • いろんなおもちゃで遊べるから飽きにくい
  • ちょっとしたプログラミングを学べるおもちゃもある
  • 知育玩具ブランドのボーネルンドをレンタルできた

では良い口コミを5つ紹介していきます。

\月々2340円で知育玩具を借りられる/

キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちら

良い口コミ①おもちゃの悩みがなくなった!

 

この投稿をInstagramで見る

 

おもちゃレンタルはじめました👣 玩具って 収納場所に困るし いつも同じ物だと飽きちゃうし 好みとか月齢に合ってるか とか…。 . で、始めたのが このサービス。 @kids.laboratory . . これは初回の内容です。 レゴとかある程度数を買い揃えないと遊べない玩具が届くのは嬉しい! このサービスの凄い所は アンケートに基づいて 回を重ねるごとに 息子の好みに合った玩具が届くんだとか! 次回も楽しみだね💕 #キッズラボラトリー #レンタルオモチャ #レンタルおもちゃ #玩具レンタル #レゴ #積木 #レールおもちゃ #おもちゃコンサルタント #おもちゃ遊び #息子 #1才8ヶ月

natsu yamada(@natsu72_y)がシェアした投稿 –

こちらはキッズ・ラボラトリーでおもちゃの以下の悩みがなくなったという口コミですね。

  • おもちゃを購入すると収納場所がなくなる
  • 自分の好みで選ぶので内容が偏ってくる
  • そのおもちゃが子供の年齢に合っているのか分からない

おもちゃは世の中に何万種類とあるので確かに選ぶのが大変ですよね。

キッズ・ラボラトリーを利用すればそんなおもちゃ選びの悩みから解放されます。

さらにキッズ・ラボラトリーはレンタルなので、買取りをしない限り最大7個から増えることはありません。

小型のおもちゃでも数があると邪魔になってきますが、レンタルの性質上それがないので、部屋を広く使いたいと位には非常に便利です。

 

良い口コミ②おもちゃは新品同様の品質

こちらはレンタルしたおもちゃの質が良かったという口コミですね。

キッズ・ラボラトリーでは新品と中古を取り扱っていますが、割合としては中古品の方が多いです。

ただキッズ・ラボラトリーでは以下の動画にあるように徹底てして清掃しています。

キッズ・ラボラトリー おもちゃの洗浄風景

このようにおもちゃにスチームを当てることで徹底的に除菌・清掃しています。

レンタルと聞くと衛生面が不安ですよね。

しかもおもちゃは子供が使うものなので何より衛生面が気になる人もいるでしょう。

しかしキッズ・ラボラトリーの清掃動画を見ると安心できますね。

 

良い口コミ③いろんなおもちゃで遊べる

こちらはいろんなおもちゃで遊べるから子供が楽しそうだという口コミです。

キッズ・ラボラトリーは自分でおもちゃを選べないデメリットがありますが、おもちゃのプロが選んでくれるメリットがあります。

いろいろなおもちゃで遊べるので子供が飽きることなく、子供の成長を促す知育玩具で遊んでくれます。

キッズ・ラボラトリーのおもちゃで毎日遊んでいると、将来的に何か特別な能力が発揮されるかもしれませんね。

 

良い口コミ④プログラミング関係のおもちゃがある

こちらはキッズ・ラボラトリーのおもちゃについての口コミですね。

キッズ・ラボラトリーではプログラミングを学べるおもちゃも取り扱っています。

プログラミングと言えば2020年に小学生の必修科目になりましたよね。

キッズ・ラボラトリーを利用しておけば、学校に入学する前からプログラミングを勉強できます。

事前に勉強しておくと他の子供と大きく差を付けられるでしょう。

 

良い口コミ⑤ブランドのおもちゃをレンタルできた!

こちらはマグフォーマーを借りられたという口コミですね。

マグフォーマーとは超有名ブランドのボーネルンドが販売しているおもちゃです。

マグフォーマーは購入すると1万円近くするものもありますが、それをレンタルできます。

海外製の有名な知育玩具で遊ばせたいという場合にキッズ・ラボラトリーはおすすめです。

\簡単なプログラミングも学べる/

キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちら

キッズ・ラボラトリーの申込方法

キッズ・ラボラトリーの申込方法を紹介する女性キッズ・ラボラトリーの申込方法はこちらです。

キッズ・ラボラトリーの申込方法
  1. こちらの公式サイトからお好みのプランを選ぶ
  2. 「ご購入手続き」を押す
  3. 名前や住所を入力して無料会員登録を済ませる
  4. 配送先情報を入力する
  5. お支払い方法へ進む
  6. 手続きを終わらせると届くアンケートを記入する
  7. アンケートを記入すると手続きが完了しおもちゃが届くのを待つ

画面に表示される通りに入力していくと10分程度で終わると思います。

もし分からないという時は、キッズ・ラボラトリーの利用方法をどこよりも詳しく紹介しているこちらを参考にしてください。

キッズ・ラボラトリーの料金プランにはクーポンがあるの?
キッズラボラトリーは子供の成長を促せる知育玩具をレンタルできるサービスです。子育て中の親には便利なキッズラボラトリーですが、いくらで利用できるのでしょうか?キッズ・ラボラトリーの料金プランを紹介します。クーポン情報もあるのでご確認ください

キッズ・ラボラトリーのよくある質問4つ

キッズ・ラボラトリーのQ&A最後にキッズ・ラボラトリーのよくある質問を紹介します。

疑問点があるという方はこちらを確認すると疑問が解決するかもしれません。

 

クーポンコードって何?

キッズ・ラボラトリーの決済画面を進んでいくと以下のように「クーポンを使う」という項目が出てきます。

キッズ・ラボラトリーの支払い方法を表す画面

出典:https://kids-laboratory.co.jp/

ここにクーポンコードを入れると利用料金がお得になります。

ただ2020年10月現在ではクーポンを配布していません。

2020円1月には一度クーポンを配布していたので、利用料金を抑えたい方はクーポンを待つのも一つの手段です。

 

一括払いはあるの?

一括払いは半年分と1年分の2種類があります。

支払い方法おすすめプランお試しプラン
半年払い23880円→21970円14040円→12917円
年間払い47760円→42984円28080円→25272円

※税抜き価格で表記、左側の数字が通常払いの料金

半年分なら通常払いの8%オフ、1年分なら10%オフです。

非常にお得な一括払いですが、途中で解約してもお金は返ってきません。

途中で解約すると損なので利用する時は慎重に考えましょう。

ちなみに一括払いをする方法はコンシェルジュにLINEや申込フォームから伝えるだけです。

 

問い合わせはどこから?

問い合わせ方法はこちらです。

キッズ・ラボラトリーの問い合わせ方法
  1. こちらから公式サイトに向かう
  2. 画面下*の「おもちゃコンシェルジュに連絡する」を押す
  3. お問い合わせ方法を選んで買取りについて相談する

※スマホの場合は画面上にあるメニューから

 

プランの休会はできる?

キッズ・ラボラトリーは基本的に休会できません。

ただ以下の場合には利用できます。

  • 子供が入院したなど緊急的な事情で利用できなくなった時

もし上記のケースに当てはまる時は問い合わせフォームから事情を話しましょう。

そうすれば休会を認めてくれるかもしれません。

 

【まとめ】キッズ・ラボラトリーのメリット・デメリット

キッズ・ラボラトリーのメリット・デメリットはこちらです。

メリット

  • 料金が安いプランがある
  • ブランドのおもちゃをレンタルできる
  • 対象年齢が生後3カ月から8歳まで
  • 保証が付いてるから安心して遊べる
  • お得な値段で買取りもできる
  • 30日間の返金保証があるか万が一の時も安心

デメリット

  • 交換・返却の手続きが面倒
  • 破損の度合いや紛失の場合は弁償する必要がある
  • おもちゃを自分で選べない
  • 送料が発生する
  • 兄弟パックの融通が利かない
  • 解約で損する可能性もある

このメリット・デメリットからこんな人におすすめです。

キッズ・ラボラトリーはこんな人におすすめ
  • おもちゃの置き場所や費用を抑えたい
  • いろいろな知育玩具を試してあげたい
  • おもちゃ選びが面倒
  • 将来的に子供の能力が劣らないか不安
  • 他の子供と差を付けたい

キッズ・ラボラトリーはお試しプランの場合、1日78円から始められます。

子供が成長して同級生と比べた時に劣らないためにも、今のうちから知育玩具で対策しておきましょう。

うまくいけば小学校に入学する段階で、同級生より優秀に育っているかもしれません。

\将来後悔しないために今できることを/

キッズ・ラボラトリー公式サイトはこちら

コメント